運転資金が不足したときに頼るべき存在とは

運転資金が不足している場合に頼るべき所について確認しましょう

先ずは事業経営状況の振り返りをしましょう

融資担当者が見ている所

運転資金確保の目的で金融機関から融資を受けるのを希望する場合、担当者はどの部分を見ているか確認しましょう。

審査は事業計画書と決算書の内容、経営実績を踏まえて行います。
問題なければ融資を受けられますが、書類の内容次第では厳しいと判断されることもあります。
より融資を受けやすくするには、事業の将来性や販売力の有無について明確に伝えられるようにしてください。
また、資金力を含めて信頼できる保証人を付けるのも1つの方法です。

金融機関の1つに、サービスを通じて地域の人々に相互扶助する目的で作られた信用金庫があります。
地域に根差した事業経営者をサポートする役割があり、時には経営の相談に応じてもらえるはずです。
ちなみに、信用金庫から融資を受けたい場合は、その会員になるのが必要条件です。
詳しい内容は、最寄りの融資担当者に相談すれば、適切に答えてくれます。

返済のビジョンを考えるなら

金融機関から運転資金を借りる場合、何年で完済が見込めるかという債務償還年数に基づいて返済能力の有無を判定します。
収益から支出を差し引いた数字がキャッシュフローで、そこから支払う税金を差し引いた金額の計算を行い、借入できる金額の算出に繋げます。

債務償還年数が長いと金融機関の立場からは儲けに対しての借入金額が多いため、マイナス評価の傾向です。
一般的には、10年以内に返済が見込める場合は健全な財務状況、10年以上かかる場合は危険信号のようです。
業種によっては多額の運転資金が必要なので、20年で完済できるかを目安に融資を行います。

事業経営者の中には、できるだけ早く完済する目的で繰り上げ返済を考える人はいるでしょう。
繰り上げ返済で手元資金に余裕が無い状態にしてしまうと、却って経営が苦しくなったり、従業員への負担が増したりする原因となりかねません。


B!